Arico 山下有子 プロフィール profile

父の手ほどきで1歳前後から ピアノに親しむ。
武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ科卒業。
長い間 ピアノから離れて チェンバロ(バロック音楽)、笙(雅楽)、タブラ(インド音楽)を習い
無意識の領域への興味からヨガを実践し 様々なセラピーや 瞑想法を体験する。
1982年からピアニストとして活動を開始。
1980年代後半より詩人、ダンサー、写真、人形、映像…他 即興コラボを重ねて
京都で グラフィックデザイナー 羽良多平吉氏 と出会い、ご縁が広がる。


1999年 辻仁成監督映画「千年旅人」サウンドトラックC D『Kanata 』でメジャーデビュー
映画、テレビドラマ、コンピCD『image2』『冷静と情熱のあいだ』等へ楽曲提供
ソロCD『Blue Sky on the Park』『tokiakari 』『二人のピータースレストラン』
ベスト盤「bitter & sweet」リリース
岐阜県 花フェスタ記念公園 「花のミュージアム」や 軽井沢千住博美術館の映像、
世界遺産白川郷の海外向観光PV、堺市博物館PV他映像音楽の作曲と演奏を手掛ける
2003年 羽良多平吉個展会場の音楽を担当/銀座リクルートギャラリー&京都しまだいギャラリー および両会場の オープニングレセプションにて演奏
2006年 銀座リクルート クリエーションギャラリーG8において 280人のクリエイターオリジナル扇子展「GOOD DESIGN GOOD SENSU」会場音楽を担当&オープニン グレセプションにて演奏
2009年 α-STATION(FM京都)で「アリコピータースレストラン」スタート
京都商工会議所においてパネルディスカッション「伝統的な文様 図案 意匠の 新たな活用」にパネリストとして出演
2012年 白川郷 民家園 野外博物館にて コンサート
2013年 日テレ主催 辻仁成作&演出ドラマ「その後のふたり」全17公演の音楽&生演奏を担当
上賀茂神社丁屋にて重要文化財総合保持者で大倉流小鼓方の久田舜一郎氏と即興公演
福井県勝山市で「アートで観る、聴く 白山平泉寺~絵画と音楽の夕べ」に出演
京都府庁 旧本館 「観桜祭」にて 第1回目のチャリティピアノコンサートを実施
以後「絶佳の庭」と題した チャリティピアノコンサートを重ねる
2014年 日本テレビ主催 辻仁成作&演出「その後の ふたり」舞台公演の音楽&生演奏を再び担当
京都府立植物園内 植物園会館において植物生理生態学者 故・小清水卓二のピアノ寄贈式で記念コンサート
以後 京都府立植物園会館にて「Memory of Leaves」と題したチャリティピアノコンサートを重ねる
2015年 東京国立博物館 平成館大講堂において
シンポジウム「文化遺産を考える」イベントオープニングで、堺市の依頼で作曲を手掛けた映像「百舌鳥古墳群~時を超えて」の映像に合わせて 即興演奏
2017年 神村康代展覧会会場 名古屋市民ギャラリー矢田で コンサート
インド古典音楽 バーンスリー奏者 gumiと即興CD『LONGING』発売
パリ日本文化会館「神々の色いろ」公演で写真家 坂本憲司、音楽家 岡野弘幹と共演
辻仁成監督映画「TOKYOデシベル」劇中音楽及びエンディング場面で演奏
「TOKYOデシベル」オリジナルサウンドトラックCD/bySUGIZOに参加
2018年 西陣織のオリジナル生地でファッション新ブランド「ありことね」を立ち上げる
展示会を ランデヴーギャラリーで開催(協力=わき善織物&大河内季見子)
サウンドクリエーター 田中圭吾とインディハーブのプロデュースにより gumi×Arico×田中圭吾によるアンビエント系CD『Water Dreams』リリース
パリ サンルイ島のギャラリー「l'embrasser」1周年記念でコンサート
クラブ ACT4主催 「京都の名月を楽しむ 白沙村荘 橋本関雪記念館~ピアノの夕べ」に出演
インド古典音楽と舞踊の祭典 「17th サンギート メーラ 2018 Gihu 」に出演
2018年11月~2019年3月 京都駅の一角で 街路樹に灯るLEDとのコラボで毎晩流れる音楽を担当

近年 日本の自然を映した自作曲を中心にバンコク ザルツブルク パリ等海外公演を積極的に行う。

◆Arico Facebook
◆山下有子 Facebook
◆Arico ブログ

▲ページのトップへ